カテゴリ:花( 9 )

堅香子咲く裏山

戦後、畑として日当たりのよい面を使用していたようです。
それ以前は古い道が家の横から裏山を越えていたようです。
春の山菜や秋のキノコを採りに毎年人が訪れますが、少ないです。
裏山の木々が茂り、下草が繁茂すると歩きづらくなります。
裏山で難波津、延齢草、深山延齢草、片栗、白根葵などの春植物が咲くころが、
散策しやすく、デジカメ片手に春の妖精を撮ることができます。
平成二十四年五月三日に裏山で堅香子を撮ったものです。
森の木が朽ち果てたそばに咲いていて、森の世界の一端が垣間見えます。
狭い裏山にもそんな小さな歴史が刻まれています。
b0006938_655197.jpg
b0006938_61085.jpg
b0006938_6111817.jpg
b0006938_611485.jpg
b0006938_6121090.jpg
b0006938_6123869.jpg
b0006938_613272.jpg
b0006938_6133158.jpg
b0006938_614130.jpg
b0006938_61645.jpg

[PR]

by souennchuuouku | 2012-05-05 06:18 |

馬酔木の花

今、平城京遷都1300年の記念として奈良が注目されれています。
記念出版として多くの書籍が本屋さんの店頭に見られます。
その中で購入した下記の五冊は楽しく読ませていただきました。
1)Newton 6月号:邪馬台国は巻向遺跡で決定か?
2)奈良の美仏と出会うDVD付き:宝島MOOK 宝島社
3)続サライの奈良:サライ編集部編 小学館
4)芸術新潮4月号:万葉集で歩く奈良 小学館
5)よみがえる万葉大和路:ランダムハウス講談社MOOK
5)に奈良市須山町にある田原西陵について笠朝臣金村の巻二・二三二の歌とともに紹介されていました。
白毫寺が志貴皇子の別邸といわれ、この志貴皇子のお墓であるようです。
そして、この田原西陵は茶畑の奥に周囲を10メートルに及ぶかと思われる馬酔木に囲まれているとのことです。
早春鈴蘭型の花が盛りを迎えるとのこと、一度訪ねてみたいです。
画像は明日香の岡寺と白毫寺近くで今年3月に撮ったものです。

b0006938_5151425.jpg

b0006938_5113790.jpg


b0006938_57873.jpg

[PR]

by souennchuuouku | 2010-06-05 05:19 |

白根葵

b0006938_57464.jpg

b0006938_5132576.jpg

初夏に先駆けて咲く花ですね。
昨年、小樽の片栗の咲く丘での出会いが初めてでした。林の中に上品に一輪咲く姿が好きになりました。また、好きな花がひとつ増えました。
今年片栗の花が咲き終わった丘に会いに出かけて、撮ったものです(5月20日)。

b0006938_5245283.jpg

[PR]

by souennchuuouku | 2006-06-02 05:24 |

余市川櫻堤の櫻と蝦夷延故索

昨日は道内各地で雪や霙が降り、除雪車も出動と北海道新聞は伝えている。昨日も今もストーブを焚いている。今朝早くに、余市川堤に散歩に出かけた。余市川櫻堤の櫻は、寒さの中開花一歩手前で待機していた。開花と見ごろは、連休明けだろう。一方、蝦夷延故索(エゾエンゴサク)を初めて撮った場所では、蝦夷延故索が水玉を身にまとい寒さの中で可憐に咲いていた。昨年、近くの木々が切り倒されたので、開花するのかと心配していたが、今年も綺麗に咲いていた。
b0006938_10273138.jpg
b0006938_10283058.jpg
b0006938_1029466.jpg
b0006938_10294090.jpg
b0006938_10301556.jpg
b0006938_10305186.jpg
b0006938_1032720.jpg

[PR]

by souennchuuouku | 2005-05-08 10:33 |

札幌市円山の蝦夷延故索 

b0006938_20524510.jpg
登山コースは、現在、大師堂コースと西コース(動物園コース)の二コースだけのようである。子どもの頃は、これに頂上から南斜面に下るコースと大師堂コースの途中から南4条通りに下るコースがあったが、今はない。今日は、大師堂コースで登り、西コースで下山した。西コースは、子どもの頃に動物園の拡張とともに閉鎖されたはずであったが、園のフェンスに沿って大師堂へ下る道ができていた。かって友達と頂上から西コースを下山し、動物園のフェンスに登山道が閉ざされていることに驚き、また頂上への道を登ったのは遠い思い出である。昨年の台風の影響であろうか倒木が3年前に登ったときに比べ非常に多かった。両登山道は、蝦夷延故索(エゾエンゴサク)が咲き乱れ、延齢草(エンレイソウ)も咲いていた。蝦夷延故索には紫花タイプ、濃紫青花タイプ、赤花タイプ、細葉タイプ、白花タイプがある。ここ余市町では白花タイプと細葉タイプは観たことがない。特に白花タイプは珍しいのではないかと思っている。今回の登山は、3年前に偶然撮った白花蝦夷延故索をもう一度撮ることが目的であった。3年前に撮影した大師堂コースでの同じ場所では見つけることはできなかった。下山も大師堂コースの予定であったが、頂上近くの登山道に残雪があり、登山道はぬかっていて歩きずらかったうえ、西コースが残雪が無く歩きやすいとの情報を得たので、西コースで下山した。そして、白花蝦夷延故索と再開した。大師堂コースがぬかっていなかったら、そして西コースが登山道でなかったら、白花蝦夷延故索は撮ることができなかった。それにつけても円山は、子どもの頃と比べ荒れたような気がしてならない。登山日:2005年5月5日
b0006938_20531546.jpg
b0006938_20541034.jpg
b0006938_20544258.jpg
b0006938_2056271.jpg

[PR]

by souennchuuouku | 2005-05-07 20:56 |

余市の花2

b0006938_5362131.jpg

林檎の花
[PR]

by souennchuuouku | 2004-08-03 05:38 |

余市の花1

b0006938_533299.jpg

林檎の花
余市町のシンボルの樹と花が林檎です。ちなみに鳥がカモメ、魚が鮎です。
葉に先だって枝の先に五弁の花を5~7個つけます。
花びらの白色に淡い桃色が好きですね。
[PR]

by souennchuuouku | 2004-08-03 05:36 |

円山の花2

b0006938_5254047.jpg
二輪草:同じく登山道で撮ったものです。少し早かったようですね。
[PR]

by souennchuuouku | 2004-08-03 05:30 |

円山の花1

撮影地:
b0006938_453689.jpg
札幌市円山
白花蝦夷延胡索:円山の登山道で撮ったものです。青や紫系統のは良く見かけていたのですが、白花ははじめて観察しました。百万都市札幌に円山のような自然をいつまでも残したいですね。そして、きれいな花を愛でたいものです。
[PR]

by souennchuuouku | 2004-08-03 04:55 |